ホーム

あなたの不動産に正しい価値付けをする専門家、それが不動産鑑定士です。

不動産鑑定士とは適正な不動産の価値を判定する唯一の資格者です。
不動産鑑定士の資格取得には、弁護士、公認会計士と同様、高度な国家試験に合格しなければなりません。

不動産鑑定評価書(以後、「鑑定評価書」)は不動産鑑定の専門能力を認められた者が、不動産鑑定に関する法律と不動産鑑定評価基準に基づいて作成され、公的な登録を受けた鑑定業者から発行されたものです。

鑑定評価書には不動産の基本的事項と鑑定評価額、そして価格決定に至った経緯が詳細に説明されています。これらは定められた手順と手続きを経て、公正中立な立場で作成されており、鑑定評価を担当した不動産鑑定士は、その評価額と内容に対して説明責任を有しており、その証として鑑定評価書には不動産鑑定士による署名・押印がなされています。
そのため、鑑定評価書は裁判所、税務署などの公的機関が公用文書と認めるものであり、また、争いの当事者にとっても専門家の認める不動産価値として有用となるものです。

 

こんな場合に不動産鑑定士がお役に立ちます。

 

会社案内

有限会社 菅原不動産経済研究所

愛知県名古屋市中区金山二丁目8-4 エスポア金山501

昭和61年2月24日 設立

代表取締役 不動産鑑定士 菅原 悟

不動産鑑定業者登録 愛知県知事登録(8)第154号

 

所属団体

公益社団法人 日本不動産鑑定士協会連合会

公益社団法人 愛知県不動産鑑定士協会

 

アクセスマップ

愛知県名古屋市中区金山二丁目8-4 エスポア金山